高品質のアニメ制作を目指す > トップページ

高品質のアニメ制作を目指す

動きの精度

スマホゲームに限らず、ゲーム内で使用されるアニメーションを楽しみにしているというユーザーは多いのではないでしょうか。演出に花を添えるものとして、人らしく、動物らしく、さまざまなシーンで使われているアニメーションは、ただ「動く」だけではなく、「どれだけ動くか」が最も大事なのです。

キャラクターが棒立ちのままや、アイテムを手に入れても何の変化も起こらなければ、現在のスマホゲームの人気は高まらなかったことでしょう。スマートフォンやタブレットというプラットフォームが普及したことによってスマホゲームのユーザーは増えたのですが、そもそもアニメーション制作技術の向上がなければ、ここまでの人気にはならなかったかもしれません。それほどスマホゲームにとってアニメーションは大切なものであり、その動きいかんによってダウンロード数が決まると言っても過言ではないほど重要なものなのです。

ですから、アニメーション制作者たちは、常に、スマホゲームを進化させるための新しい技術を探し求めています。近年リリースされた「スパイン」も、そうした技術のひとつとして、アニメーション制作に大きく貢献しています。「スパイン」というソフトウェアは、ボーンという骨格データを入れることによって人のような滑らかな動きを作ることができる画期的なソフトウェアです。しかも、コストやファイル数を削減してくれることから、動きの良さを追求しているスマホゲームにはうってつけのソフトウェアでもあるのです。「スパイン」を使うことによって、アニメーション制作者はコストとファイル数をいかにして減らすかという悩みから解放されただけでなく、どれくらい思い通りに動かすことができるかという楽しみを得ることもできるようになったのです。

滑らかで、そして華やかな動きは、ゲームのストーリーに花を添えてくれるだけでなく、ユーザーの興味や関心を惹いてもくれることから、制作会社がもっとも大切に考えているものであり、必要不可欠なものでもあるのです。